ビットコインナビ | bitcoin相場・仕組み・買い方・最新情報

暗号通貨(仮想通貨)ビットコインの相場、仕組み、買い方、チャート、投資、マイニング、取引所の使い方や購入方法、楽天、アマゾンでの決済、仮想通貨の最新情報など、初心者の方にも分かりやすく紹介していきます。

*

REGAIN ICO 最終セールスタート!

   

REGAINの最終ICOである第4期クラウドセールがスタートしました!

第1期から3期にかけてのクラウドセールでは、各期の募集額が期間内に売り切れて、かなりの注目を浴びていたICOです。

ちまたの最近のICOでは詐欺や上場後に暴落するなどあまり良い印象が無いですが、REGAINは他のICOと唯一違う点があって、1期と2期のICOに参加した人は実感していると思いますが、マイニング配当を上場前から貰えているという事です。

もちろん、3期、4期も上場前からマイニング配当は貰えますが、1期から3期においては以下のようにマイング配当額が下がるようなスキームになります。

1期:月利8.5%、年利102%(5万USドル以上の保有者は9.2%、110.4%)
2期:月利7.7%、年利92.4%(5万USドル以上の保有者は8.4%、100.8%)
3期:月利6.5%、年利78.0%(5万USドル以上の保有者は7.1%、85.2%)

これは1期など期が早いほど情報も実績もない中でリスクを冒してお金を投資するので、それに見合った配当が得られるとういうのは納得です。個人的には3期と1期ではマイニング配当が約2%も違うので、魅力も薄れて3期は完売しないのでは?と思ってましたが完売しました。

 

その理由を考えると、

・1期からのマイニング配当の実績がしっかりある
・4期が一番配当が高い
・4期での購入には優先期間がある

最後の「4期での購入には優先期間がある」というのは、4期は一番配当が高くてマイニング配当は「月利10%」になり、その購入は4期のICO最終セールが始まってから「ヨーイ、ドン!」で誰でも購入できる訳ではなく、1期の人から順番に第1、第2、第3優先購入権が与えられて順番に購入するという流れになります。

その為、マイニング配当が本当に貰えるのか実績ができてから購入しようと思ってる方は、第3優先購入権までにREGAINのREGトークンが残っていれば購入できることになります。

4期のクラウドセールのスケジュールは以下のようになります。

REGAIN 第4期

REGAIN 第4期

 

REGAINのREGトークンは総量65,000REGに対して、4期のクラウドセールの割り当ては、

 

35,000REG

 

1期から3期にかけてクラウドセール終了前に完売するなど注目されていたICOだけに、安定した月々のマイニング配当を貰えるREGトークンの4期は1番の争奪戦になりそうです。

ちなみに、10月1日から第1優先購入権の方が購入を開始して、現在10月3日の時点では既に約4分の1の枠が埋まっています。。。

REGAIN ICO 第4期

REGAIN ICO 第4期

 

REGAINのICOやマイニング配当など、詳細をご存知ない方はこちらの公式サイトのホワイトペーパー(事業計画書)を確認してみて、創業者の思考とプロジェクトの可能性や、REGトークンのマイニング配当実績などの凄さを1度確認してみて下さい。

>> REGAIN ICOトークンセール

クラウドセール第4期のトークンセールのスキームはこちらです。基軸通貨ビットコインの価格が上昇することが期待されているのに対して1REGで月利0.04BTCというのは凄く魅力的。

REGAIN 配当

REGAIN 配当スキーム

現在1BTCが70万とするとREGトークン1つあたり月利約2.8万円の配当。2018年度末は弱気の予想でも1BTCが130万円到達と言われていて、その場合は約7.2万円が月額配当になります。

ビットコインの購入は、今後価格が高騰するとなかなか枚数を増やすことが出来なくなりますが、REGAINのマイニングの場合は価格が高かろうが安かろうが一定枚数のBTCが毎月貰えるので、長期的な視点からもまだ仮想通貨が普及する前に今の内に入手しておくことはメリットが大きいと思います。

2018年は個人だけでなく、大手のSBI、DMM、GMOといった一流企業が今が勝機だと考えてマイニング事業に相次いで参入しています。一流の大手上場企業が今後衰退していく事業にこぞって参入するなんて考えられませんから、当然今後の実需での活用や、参入者の増加による価格高騰によるキャピタルゲインを狙っていると考えられます。

マイニングを個人や零細企業がやろうと思ってもやり方が分からないですし、マイニング機器は中国など海外製がメインであることと、破格な値段で売買されていたり、エアコンやファンなどの空調設備や電気代、マイニング工場やスペースなどの設備費や家賃などもあって敷居は高いです。

 

しかし、こういった課題を解決してくれるのがREGAINのマイニング配当です。

 

仮想通貨のICOは、通常は仮想通貨取引所に上場してから売買ができたり配当がもらえたりします。しかしREGAINの場合は、

 

4期プレセール組は2019/1/1からマイニングを行って、配当が翌月の2019/2/15から配布されます。

 

つまり、上場する前に配当貰えるプロジェクトって今までになかっただけに、これは本当に凄いと思います。しかも1期、2期はしっかりとマイニング配当が毎月入ってきています。

ちなみに私の場合は1期でREGAINのICOに参加したので、少額ではありますが以下のように配当が入ってきてます。

REGAIN 配当

REGAIN 配当

 

REGAINの詳細なプロジェクト内容、ICOクラウドセールの時期や配当などは、こちらの公式サイトを確認してみてください。

>> REGAIN ICOトークンセール

 - 仮想通貨 ICO , ,